審査の甘い消費者金融

金融事故があってもお金が借りたいという方は、初めに自分がどのような理由で、事故を起こしたのかを明確にすることが大切です。

 

 

その、原因によって、借りれが可能な方法が違ってくるからです。

 

 

たとえば、2〜3回の返済が滞った場合などは、金融機関によっては問題なく貸付OKのところもありますし、その程度の記録はもしあったとしても6か月出消滅しますから、しばらく待ってから申し込みをすれば、審査に通るからです。

 

 

 

また、返済はいまだに未納のまま継続している場合は、まずは、その未納金を確実に返済することが大切です。このように、自分の事故を起こした原因を知ることが、第一です。しかし、なぜ、自分がブラックリストに載ってしまったのか、見覚えがなというような場合もあります。

 

 

そのような場合は、信用情報機関に、自分の信用情報の開示請求をすればすぐにわかります。

 

 

信用情報の開示請求はこちら

 

 

自分の事故を起こしたら(ブラックという言葉は実際には存在しません)リストに載った方がお金を借りる事は出来ますが、銀行や大手消費者金融だと審査の厳しさという点から言ってまず不可能だと思ってください。

 

 

簡単な方法に、クレジット枠現金化という方法がありますが、これはとても危険ですからやめましょう。手数料という名目で何十%もの高額な金利(正確には金利ではありませんが)を取られてしまいます。

 

 

またカード会社に現金化業者を利用した事がバレると一括返済を強いられる可能性もあり非常に危険です。そうなってしまった場合、今よりもひどい状態に陥る事にもなりかねませんのでカード現金化は利用しないのが賢い選択と言えます。

 

 

金融事故があっても借りたいなら中小規模消費者金融を探す

 

リストに載ってしまえば、大手の会社での借り入れはまず不可能となります。そこで、考えられるのが、中小規模消費者金融会社です。

 

 

中小規模の所か新規オープンしたばかりの消費者金融がお勧めです。なぜなら中小金融は独自審査で審査基準が通常より甘く設定されている場合が多いからです。

 

 

ですが、こうした中小規模の所は宣伝力も弱いため見つけるのが簡単ではありませんから、以下の消費者金融を参考にしてください。