自己破産でカードは作れるか

自己破産でカードは作れるか

クレジットカードやローンの審査の際に必ず見られる個人信用情報

クレジットカードやローンの審査の際に必ず見られる個人信用情報を見て自己破産をしてるのを確認されてしまうと「どうせまた支払いをしないのではないか」という風に思われて審査に通らないわけですが、クレジットカード会社やローン会社がそのように思うのも当然でしょう。

 

基本的には自己破産した方は、5〜7年くらいの間、ローンを組んだり、クレジットカードをやカードローンを取得することは難しいといわれています。

 

ネットなどの一般的な情報を見ても、自己破産をしてその事実が個人信用情報機関に載っている間は絶対にクレジットカードの取得は無理だと書いあるのをよく見かけます。

 

しかし、私は自己破産をしてから、3年目にカードを取得した人を知っていますが、なぜ、その方はカードが作れたのでしょうか。

 

自己破産は免責が決定してから、個人信用情報機関であるCICなら5年、JICC(日本信用情報機構)なら5年、KSC(全国全国銀行情報センター)は10年、破産した事実が消えないということです。

 

では、なぜ、私の友人は自己破産から5年未満でカードを取得できたのでしょうか。

 

それは、外資系のカードだったからです。

では、外資系の金融会社ならどこでもOKかといいますと、そうでもないようですね。

 

しかし、外資系のカードの審査基準と日本のカード審査基準とは微妙なところで、異なっているということです。

 

では何故、破産の記録を全銀協で参照したのに外資系の会社は審査を通したのかと言うと、破産をしたという過去の事実よりも、現在の収入や属性を重要視してきちんと支払えるか調査をした上で発行しているからなんです。

 

このように、外資系のクレジットカードは現在の属性重視で発行審査をするという強い欧米文化を審査にも反映してますので現在の属性さえよければ発行の可能性があるという事です。

 

日本の金融会社は、基本的なスタンスは、過去にどのような事実があったのか。ということを重視して審査を行うために、自己破産した場合に5〜10年はカードの取得が全くできません。

 

しかし、このように「自己破産したらカードは作れない」という事実は間違いであるということも知っておきましょう。