ブラックといわれる人は一生借り入れができないか?

ブラックといわれる人は一生借り入れができないか?

カードローンにためにまずはどこかの会社でカードを作らなければなりませんが、今はどの会社でもかならず個人信用調査というものがあります。

 

ブラックといわれる人は信用情報機関の情報に”事故あり”と記

一般的にブラックといわれる人は信用情報機関の情報に”事故あり”と記載のある事を指しまして、信用情報機関の登録期間は5年〜10年です。
(機関によります。)

 

しかし、きっかり10年経過時点で消されるというわけでもないようで、消し忘れ(?)の類もあるでしょうし、金融事故を起こした金融機関は独自にデータを残していたりもしますのでその金融機関の系列では難しいと言う場合もあるでしょう。

 

綿密にやっていくなら、まずは信用情報機関に本人開示で信用情報を請求してみましょう。

 

そこに事故ありの記載がある信用情報機関ではまだ不可だという事が分かります。

 

(本人開示の方法は下記のそれぞれの信用情報機関のHPで確認してください。)

 

 

全銀    http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html

 

CIC     http://www.cic.co.jp/

 

CCB     http://www.ccbinc.co.jp/

 

テラネット  http://www.teranet-corp.co.jp/

 

全情連    http://www.fcbj.jp/index.html

 

いろいろな情報機関がありますが、全部の信用情報機関に加入しているローン会社はほとんどありません。

 

したがって、
過去に事故があっても、たまたまその機関に入っていない会社であれば、審査が通る場合もあるということですね。
クレジットカードを申し込む際には必ずカード約款も渡されるもので、そのカード約款にどの信用情報機関へ情報を照会するか書かれています。

 

複数の信用情報機関が書かれている事も多いですが、さすがに上記の5箇所に照会をするようなカード会社は無かったと思います。(相互アクセスもあります。)

 

取り合えず、目的のカードの約款を見て信用情報機関を確認し、カード申込前にそれらの信用情報の確認をしてみて問題なさそうならカードが作れる可能性も高まる。そんな感じかと思います。

 

どんな方法を使っても日本国内では難しいという方には、海外でカードを作る方法もあります。

 

少し前までは、個人信用情報機関での情報保有期間(最終更新より5年間)経過したのちは可能だったようですが。

 

 

現在は、各クレジット会社の審査等が厳格になっており、事故者には発行しないのが原則となっているようです。

 

少なくとも、事故当事会社のカードは生涯作成不可です。

 

ただし、海外に銀行口座を開設して、一定額以上の資金を、一定期間(連続3ケ月程度〜)

 

入金すれば、日本の信用機関の情報は照会されませんので、カードを作ることができます。

 

アルコシステムお申し込みはこちらから ↓ ↓ ↓ 

 

お金が借りたいがブラックのために審査通らない方の裏ワザ!

 

すぐにお金を借りる方法!即日融資はネットで申し込みができます!