総量規制とは

総量規制とは

貸金業者から借りることのできる額の総額に制限が設けられている規制

 

 

貸金業法により、お客様が貸金業者から借りることのできる額の総額に制限が設けられている規制のことです。

 

具体的には、借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができません。

 

※この規制が適用されるのは、貸金業者から個人が借入れを行う場合です。

 

 銀行からの借入れや法人名義での借入れは対象外です。

 

 また、住宅ローンなど一般に低金利で返済期間が長く、定型的である一部の借入れについては、総量規制は適用されません。

 

総量規制の適用がない貸付け

 

貸金業者が行う総量規制の適用がない貸付けには、例外と除外があります。

 

例外貸付けは、借入残高が年収の3分の1を超えていても

 

例外的に借入れすることができますが、その残高は総量規制の借入残高に加算されます。

 

除外貸付けは、総量規制の対象とならない貸付けです。

 

借入残高が年収の3分の1を超えていても借入れすることができ、

 

その残高も総量規制の借入残高に加算されません。

 

※例外と除外の主な貸付けは、それぞれ以下のとおりです。

 

 

○例外貸付

 

・借換えローン

 

・緊急医療費貸付け

 

・特定緊急貸付け

 

・個人事業者への貸付け

 

・配偶者と合算して年収合計の3分の1を超えない貸付け

 

 

○除外貸付

 

・住宅ローン

 

・自動車ローン

 

・高額療養費の貸付け

 

・有価証券担保貸付け

 

・不動産担保貸付け(居宅以外)