返済不能になった場合

返済不能になった場合はどのような方法で、解決するのが一番いいでしょうか。

 

 

基本的には、自己破産をすれば借金がゼロになります。

 

 

自己破産とは、生活必需品などを除いた大半の財産を換金して返済にあてる代わりに、残こりの借金については責任を免除(免責)してもらう手続です。

 

・免責を受けるまでの間は一定の職業につけなくなる

 

・マイホームや資産価値の高い車などは手放すことになる

 

・数年間は、新たな借金やクレジットカードを作ることはできない

 

・もちろん信用情報のいわゆるブラックリストに載る。

 

 

などの制約はありますが、借金の取立や返済のための過剰な労働、日々の心配から開放されます。

 

個人再生法により返済をする。

 

必要な生活費を確保しながら、原則3年で返済する方法です。

 

 

裁判所に認められた再生計画に基づいて一定の借金を免除してもらう方法です。

 

 

自己破産のような、職業制限や資格制限がない一方、利用できる条件に一定の制限がある、手続が複雑で時間がかかるなどのデメリットがあります。

 

 

債務整理の選び方

 

整理方法を選択する上で大事なのは、「総債務額」と「自分の返済能力」の2点です。

 

 

総債務額を36回(3年)で割り、月々の返済額を試算。

 

 

金利の引き直し※前の状態で試算します。
※過去の返済額を法定利息で再計算し、超過利息分を元金に充当して借金を減らすこと

 

 

このような計算をして、36回支払える額なら特定調停か任意整理がよいでしょう。
「支払える」というのはギリギリではなく、自分の生活を維持しながら、無理なく毎月確実に返済できるということです。

 

 

36回で割った額をとても払えないというなら自己破産か個人再生を選択しましょう。

 

・債権者の数が多い
・費用を安くしたい

 

このような場合は⇒特定調停を選ぶのがいいでしょう。

 

・裁判所に行く暇がない
・取引期間が長いので弁護士費用を払ってでも割が合う

 

このような場合は⇒任意整理を選ぶのがいいでしょう。

 

・財産等何もない
・到底債務は払えない

 

このような場合は⇒自己破産を選ぶのがいいでしょう。

 

 

・持ち家(住宅ローン中含む)などを失いたくない
・職業の資格制限がある(今の職や資格を失いたくない)

 

 

このような場合は⇒個人再生を選ぶのがいいでしょう。