自己破産と踏み倒し

キャッシングを利用して得たお金は自分のお金ではありません。他人から借り入れしたお金なんですね。

 

そのため返済しなければならないのですが、その返済ができないとき、どのような方法があるでしょう。

 

 

どうしても返済が難しい場合の対処法として弁護士に相談するのが一般的な方法でしょう。しかし、どうにかして借金から逃れる、もしくは借金を踏み倒すことを考える人も皆無ではありません。

 

 

しかし、返済日に返済を行わないと、遅延金が課せられ、キャッシング会社から催促が行われるようになります。

 

 

ヤミ金といわれる業者のような強引な取り立てなどは一般のキャッシング会社は行いませんが、電話がかかってきたり、キャッシング会社の不良債権回収部門の人が訪ねてくるようになります。そうなると周囲に借金をしていることを知られてしまう可能性があります。

 

 

 

さらに、回収が難しいということになりますと、借り入れ金融機関から直接、裁判というようなことになりかねません。
また、その債権が、債権回収業者というところに譲渡されてさらに取り立てが厳しくなるということににもなりかねません。

 

 

そのような状態になりますと、会社や家庭に知られてしまうことになってしまいますので、大げさなことになってしまいますね。

 

 

返済の履歴情報

何より返済を行わないと、クレジットヒストリーというキャッシングと返済の履歴情報に延滞が記録されてしまいます。クレジットヒストリーという個人信用情報は信用機関と呼ばれる企業や法人で保管・管理をしていますが、貸金業者はこの信用機関の会員になっており、閲覧することができます。

 

 

そしてキャッシング審査においてクレジットヒストリーを確認するため、延滞の記録があると利用しているキャッシング会社から利用限度額を引き下げられたり、カードの利用が停止されるだけでなく、他のキャッシング会社も利用することができなくなってしまうのです。

 

 

そうなるとブラックリストに載ってしまいキャッシングできるのはヤミ金だけということになります。ヤミ金を利用すれば借金地獄となるのです。

 

 

つまり借金の踏み倒しを考えたところでキャッシング会社の不良債権回収部門は回収のプロですから、対抗するのは非常に難しく、またそうしているうちにクレジットヒストリーに事故歴ができてブラックリストに登録されてしまう。踏み倒しはこれほどの割にあわないものなのです。

 

 

返済が難しい場合、日本では任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産の4つの選択肢があります。任意整理、特定調停、個人民事再生という方法はできる範囲で返済が行う方法ですが、どうしても返済が難しい場合の最終的な手段が自己破産です。そうならないように、返済が難しい場合は、まず弁護士に相談することをおすすめします。