アルコシステム 審査 ブラック

ほっておくと膨らむ借金の返済方法

借金の返済方法

多重債務

 

いくつもの会社からの借金が重なってしまった場合、どのように返済していけばよいのでしょうか。

 

何の知識もなく、やみくもにちょっとずつの返済を重ねてもなかなか元金は減りません。

 

法的な債務整理の手段はあります。

 

信用情報機関などにいわゆるブラックリストとして登録され、以後5〜7年くらいは借入やローン、カードの発行を受けられなくなるデメリットがあります。

 

ここでは、まずは自力で借金返済していこう!という方のために上手な返済方法をご紹介します。

 

また、その中でも特に「おまとめ(一本化)ローン」については注意が必要なので、詳しくご紹介したいと思います

上手な返済の鉄則

 

1.金利の高いところを集中的に多めに返済
→金利の高いところを減らせば、その分元金充当額が増え結果的に短い返済回数で済みます。

 

2.借入額の少ないところを集中的に多めに返済
→借入件数を減らせばその返済分を他に回すことが出来ますし、
完済すれば増額や金利引き下げ交渉をする事も出来ます。

 

3.借入件数が減れば金利の低いところに借り換え
→1、2件ぐらいに減れば金利の低い(銀行系、信販系)ところも審査が通るかもしれません。

 

融資額が少額の場合でも後々に増額があるかもしれませんし、
金利の低いところに移した方が有利です。

 

・基本は1の方法です
 
・2の方法は1との組み合わせで使い分けを

 

・3の方法では再勧誘での借り入れには注意を!

 

新たな借り入れは多重債務へまっしぐらです

金利 72の法則

 

皆さんは「72の法則」をご存じですか?これは、投資や金融に携わっている人なら誰でも知っている有名な計算方式です。知っておくと何かと便利なこの法則、とっても簡単なのでこの機会にぜひマスターしましょう。

 

この「72の法則」は、「投資したお金が何年で2倍になるか」がすぐにわかる計算方式で、資産運用によく活用されています。

 

 

72÷金利(%)=年数 
これだけ覚えればOKです。簡単ですよね。それでは、実際に当てはめてみましょう。

 

●金利が1%の場合
72÷1(%)=72(年)
お金が2倍になるまで72年かかります。

 

●金利が3%だと
72÷3(%)=24(年)
お金が2倍になるまで24年かかります。

 

ひと昔前には、金利が7〜8%なんていう定期預金もありましたね。けれどこの低金利の時代、商品によってもかなりちがいますが、一応0.5%としておきましょう。

 

金利0.5%の定期預金に100万円預けた場合、「72÷0.5(%)=144(年)」となり、100万円が2倍の200万円になるまでには、なんと144年もかかってしまうのです。

 

 

 

「利息で暮らす」なんてことは、夢のまた夢の話になってしまいましたね。

 

さて、前置きが長くなりましたが、この「72の法則」、実は借金返済にも役に立つのです。何を計算するかというと、借りたお金が2倍になるまでどのくらいかかるかということです。

 

 

例えば、18%の金利で50万円を借りたとしましょう。これを「72の法則」にあてはめると、

 

72÷18(%)=4(年) 
つまり、4年後には50万円が100万円の借金になっているというわけです。

 

もちろんこれは、借金をいっさい返済しなかったときの計算なので、実際には当てはまらないかもしれません。けれど、金利の目安にはなるでしょう。

 

お金を借りるとき、金利をしっかり確認することがいかに大切かがわかっていただけましたか?

 

この「72の法則」、できれば借金返済よりも、資産運用で活用したいものですね。

 

アルコシステムお申し込みはこちらから ↓ ↓ ↓ 

 

お金が借りたいがブラックのために審査通らない方の裏ワザ!

 

すぐにお金を借りる方法!即日融資はネットで申し込みができます!