カードローンの返済が遅れた時

カードローンの返済が遅れた場合にどのようなことになるでしょうか?

 

 

ローンの返済は、コンビニで振り込むとか、銀行からの引き落としとかの方法で返済されますが、どちらにしても、借りた側から意志ををもって、行動しないとつい忘れた、銀行に入金を忘れたというようなことが起こります。

 

 

金融機関から、引き落としができなかった、という連絡が来て初めて気が付くことがあります。

 

 

 

その事実は返済遅延とされてしまいます。この場合は相手からハガキが送られてきたり電話がかかってきますが、 自分が返済していなかったことが分かった段階ですぐに電話をしてください。

 

 

返済遅延の事実は残りますが、こちらから積極的に支払いの意志があるということを連絡することによって、今後の展開がおおきく違ってきます。

 

 

すぐに遅延した金額全部を支払えないのなら、せめて“延滞した利息だけ”、“半分だけ”でも支払うようにすると“返済する意志がある人”だと分かってもらえるはずです。どちらにしても、相手からの連絡がある前にこちらから電話をするようにしましょう。

 

 

 

返済遅延したあとどうなるか?

 

遅延の返済

 

返済遅延については利息が発生します。消費者金融の場合は遅延損害金としてほとんどが(年率) 20.0%となっています。

 

カードローンの利用

 

返済日に口座残高不足だったり、ATMでの入金を忘れてもすぐにカードの利用が停止されることはありません。
長期に渡る延滞の場合、カードが利用停止になります。また、延滞が重なると事故情報(異動情報)に載ってしまう可能性があります。

 

カードローンの返済が遅れた時にブラックリストに載るか

 

ローンを組んだり借金して、支払いが滞るとブラックリストに載ると思っている人も多いですが、実際にはブラックリストというものは存在しません。

 

ブラックリストではありませんが、金融機関からの借入は、個人情報登録機関で登録・管理されており、長期に渡り返済が遅れた時などに、「事故情報(異動情報)」として記録が残ります。

 

 

長期延滞の期間は、日本信用情報機構で3ヶ月以上となっています。1回とか2回の延滞では、事故情報は乗らない場合が多いといわれています。しかし、3回以上とか、3ヶ月以上陳が発生すると事故情報として登録されてしまいます

 

 

事故情報が登録されると、ローンやキャッシングの審査がかなり厳しくなりますので、延滞に気づいたらすぐに支払うようにしましょう。

 

 

いずれにしても、どのような事情があっても遅延があればあなたにとってかなりのデメリットとなります。
プロミスやアコムなど大手消費者金融は、返済期日をメールでお知らせしてくれるサービスを行っています。返済が遅れがちな人は、こういったサービスを利用しましょう。