専業主婦のカードローン審査

貸金規制法の施行により、消費者金融の場合は年収の1/3位要は貸し出しをすることができなくなりました。

 

 

したがって、主婦の場合は、パートとかアルバイトしている場合は可能性がありますが、専業主婦の場合は収入が0円ですので、基本的に借り入れすることは難しいでしょう。

 

 

専業主婦も配偶者に収入があればお金の借り入れは可能ですが、その場合は配偶者の同意書や収入証明書類を提出しなければならないため、夫に内緒でキャッシングをするのは難しくなっています。

 

 

消費者金融は先ほど出てきた総量規制の影響下で営業していますが、銀行は貸金業法の対象外であるため、総量規制の影響を受けません。つまり、年収の確認がさほど厳しくないので、専業主婦が夫に内緒でお金を借りやすいのです。

 

 

実際にはカードローンの申し込み時に本人の収入証明書類を提出するよう求められるところがほとんどですが、ごく一部の銀行に限り、配偶者の勤務先を申告するだけでお金を貸してくれることが分かりました。

 

オリックス銀行

 

三菱東京UFJ銀行

 

の場合は、かなり緩やかな審査で借り入れができるようです。

 

専業主婦でも審査に通る銀行カードローン

 

 

オリックス銀行カードローンの場合

 

実質年率:3.0〜17.8%
即日融資:可能
申し込み:インターネット

 

専業主婦でも100万円までなら収入証明書類を提出することなくカードキャッシングをすることができます。月々7000円から無理なく返済していけるのも特徴です。

 

"

三菱東京UFJ銀行カードローン"の場合

 

実質年率:4.6〜14.6%
即日融資:可能
申し込み:インターネット、店頭

 

 

こちらも100万円までなら収入証明書類が不要です。専業主婦が秘密でお金を借りるにはもってこいのカードローンであるといえます。

 

 

ただ、銀行側としては、ある程度瑕疵担保がないと、返済ができなくなった時に困ることがありますから、やはり、ご主人の勤務先が、しっかりしたところであることが前提となるようですね。